Posted by at

2009年02月28日

九州から名門チーム消滅

高橋尚子を抜き去る川上優子かっての強豪チーム・「OKI陸上部」が3月末で廃部と発表されました。


-西日本新聞2009.2.26-


OKI といえば、「沖電気宮崎」として1996年、全日本実業団対抗女子駅伝でエース川上優子を有し初優勝。


97年も連覇し、1年おいた99年にも勝って、同駅伝の優勝回数は出場チーム中4位の記録です。


特に96年は、当時全盛の川上優子の強さは他を圧していました。


5区・11.6kmの区間最高は、96年・川上優子の35分58秒が未だに健在だと記憶しています。


川上優子は現在プロゴルファー目指して訓練中ということですが、宮嶋泰子の記事ではその中で、実業団駅伝とのかかわりを、トヨタ九州を辞めたサムエル・ワンジルと同じようなコメントをしています。


(宮嶋泰子の記事中、沖電気宮崎が3連覇とありますが、これは上のとおり、1年空けての3回目の優勝が“正”です)


残念ながら現在OKIには全国区と胸をはれる選手となると首を傾げますが、他チームへの移籍等が気にかかるところです。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 10:10Comments(0)スポーツ

2009年02月27日

九州新幹線・さくら

JR九州


大阪~鹿児島を直通で走る、山陽・九州新幹線の名称が、「さくら」に決まったと発表されました。


-西日本新聞2009.2.26(夕)-


九州には、特急の魁(さきがけ)ともいえる「つばめ」があり、今回はまた廃止されたブルートレインの中のひとつの名称「さくら」が採用されたことになります。


「さくら」は、「あさかぜ」の姉妹寝台特急として誕生した名前だったと記憶していますが。


また、開通の見通しは2011年3月と、「11年春」からより具体的になりました。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)ニュース

2009年02月26日

代行祈願

太宰府天満宮

インターネットの世の中、本来は古来から、自身に苦行を課して祈願していた神頼みも、代行業者が現れているそうで、勝手に便乗された形の寺社側は困惑の体(てい)だそうです。


入試にまつわる太宰府天満宮はいうに及ばず、宝くじ当選祈願でおなじみの唐津・宝当神社、四国八十八ヶ所巡礼代行などまでホームページ上に登場しているそうです。


-西日本新聞2009.2.25夕-


こんな代行が首を傾げられる反面、寺社自らが祈願・参拝はおろか賽銭の受付までおこなっているホームページもあるとか。


気休めになるばかりではなく、遠隔地から実体験の時間ロスなどを含めると意外にご利益(りやく)があったということになりかねませんね。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)暮らし

2009年02月25日

九州出身のチャンピオン

スバルWRC


皆さん、WRC(ワールドラリーチャンピオンシップ)をご存知でしょうか。


ホンダのF1撤退に続き、スズキとともにスバルもWRCから手を引き、日本車がいなくなった世界選手権ですが、国内ではスバル・三菱車を中心にラリーが行われています。


この全日本ラリー選手権クラス2に2008年、九州出身のチャンピオンが生まれました。


JAF SPORTS 2009.3


愛媛県生まれで生粋の九州出身とはいえませんが、九大のシャブ(薬のシャブにあらず、自動車部のことをシャブというそうです)卒業ですから郷土出身といっていいでしょう。


この山口さん、うちの息子のシャブの先輩で、主人の後輩ということになります。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)モータースポーツ

2009年02月24日

さよならブルートレイン

寝台特急はやぶさ


ますます人気の“ブルートレイン”、最終列車の乗車券は10秒で完売とか。


-さようなら寝台特急「ブルートレイン」-


これは、はなから入手は無理な最終通常運転乗車に代わり、つかの間の東京も楽しんで、帰りは最新鋭の新幹線という、鉄っチャン・鉄子は大喜びしそうな企画です。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 16:28Comments(0)暮らし

2009年02月23日

もう大型フェリーは来ない

五島・福江港またフェリーの話です。


というか、フェリーを当て込んだ岸壁整備事業の話です。


五島・福江港では、ここ発着の九州商船・野母商船ともに大型フェリー導入計画を持ち、'97年当時接岸々壁整備を要望していたようです。


ところが、旅客数は'00年より減少の一方で、岸壁整備がなされたにも拘らず、フェリーの大型化は実現をみなくて過剰設備の状況のようです。


西日本新聞2009.2.22


フェリー接岸関連のみならず、福岡市地下鉄・七隈線をはじめ、八女市・朧(おぼろ)橋の通行予想2,000台/日の見込み→200台/日など、過大な需要予測を数えあげればきりがない状況のようです。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 19:31Comments(0)暮らし

2009年02月22日

買ってはいけない

買ってはいけない10年くらい前「買ってはいけない」という本が評判になりました。


書いてあることを全て本気に捉えて購入を躊躇すれば、食べ物、洗剤、化粧品から果ては雑貨に至るまで、買えるものを捜すのが大変そうな、かなりヒステリックな内容だった記憶があります。


ところで、この写真のこの商品だけは本当に買ってしまうと大変なことになります。


ほかの同様商品と一向に変わらない、ラップの素材自体は丈夫さ、まとわりつく粘着性などどれをとっても一級品なんですが、若くもなく、手先の器用でない私にとっては、決定的な欠陥があります。


それは、カッターで切断されたラップ本体がカッター金具に貼りつかず、ロールのラップに戻って貼りついてしまうことです。


次に使う際、ラップの端を捜して、誤って小片にちぎってしまわないよう気を使いながら剥がしてゆくという作業は、相当の忍耐力を強いられます。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)暮らし

2009年02月21日

フェリーにも近頃乗りません

阪九フェリー

自然界の脅威になぞらえて、高速道路料金値下は、燃料高、金融危機に続く「第3の荒波」と、九州旅客船連合会が、訴えています。


-西日本新聞2009.2.20-


陸上交通のみへの税金の投入は不公平だというのも尤もなことだと納得できる言い分です。


私自身、遠距離は関釜フェリーから、関西への阪九フェリー、九州内では壱岐・対馬、天草、桜島などフェリーはいろいろ利用した経験がありますが、近距離の場合は、僅かであっても車の積み降ろしに際しての待ち時間がどうしてももどかしく思えてしまいます。


ゆったりと船旅を楽しむ素養が身についていないのかもしれません。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 15:43Comments(0)暮らし

2009年02月20日

加熱、WBC日本選抜




ニューヨークタイムズが、WBCへ向けて盛り上がる日本の状態を、巨人の星になぞらえちょっぴり揶揄しているようです。   -西日本新聞2009.2.19-


日本が優勝した第1回大会においても、確か韓国に2度負けて、最後の1度だけ勝利して優勝を決めたという、甲子園の高校野球と同じトーナメント方式ならありえない優勝でもあったわけです。


だから、WBCのチャンピオンといっても、本当に野球は日本が世界一などと本気で思ってはいけないんです。


そこを勘違いする人がいるんで、北京五輪の敗戦をチーム編成・監督采配のまずさ“で”負けたなどという話になるんです。


もっともアメリカとて、所詮MLBプレーヤーはカリブその他多民族の集まりであって、アメリカ=MLBと見るわけにはいかないんですが。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)スポーツ

2009年02月19日

Webセミナー

無料セミナー


福岡県中小企業振興センター主催の、Webセミナーにスタッフが参加しました。


kiyomiさんが、一つ前、最前列中央の席にいらっしゃってました。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 23:44Comments(2)暮らし

2009年02月18日

シロウオ漁始まる

シロウオ漁

2/9 に「シロウオ漁始まる」と書きましたが、あの日はやな掛けを始めたのであって、17日が本当の漁の始まりだそうです。


-西日本新聞2009.2.17(夕)-


シロウオといえば、「とり市」・「三四郎」の兄弟店が有名です。


店は隣同士なんですが、厨房は一緒だからなにも高い金を払って「とり市」に行くことはない、安価な「三四郎で」同じ料理が食べられる、というのはもはや皆さんがご存知のことなんでしょうか?


そうですか、店の格・雰囲気が違うからやはり「とり市」がいいですか。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)暮らし

2009年02月17日

タクシードライバー

タクシー規制緩和で増車され続けるタクシー、不景気等による客の減少という歪んだ現状。


ここで再規制を求める声により、供給過剰を解消する法案が国会に提出される-西日本新聞2009.2.16-


昔NHKのTV番組で、タクシードライバーの窮状を映し出した特集がオンエアされていました。


この番組の作りもどちらかというと、規制緩和、その見直しを考えさせるものとなっていました。


夜を徹して空港などで順番待ちに備えるタクシードライバーの背中を捉えた夜景に、M.デイヴィス「死刑台のエレヴェータ」のミュートがせつなさを醸し、画としては情緒十分の出来でしたが、ドライバーはそれどころじゃないてところでしょう。


規制緩和・自由競争というと聞こえはいいんですが、一方から言えば、落ちこぼれをなくすという小学校などの教育方針との摩擦を生じさせかねません。


純粋な実力社会は、(世渡りの)力のない者=社会弱者は取り残されるわけです。


程度が非常に難しいんですが、行き過ぎた規制緩和は、資本力の大小によって淘汰が進んでしまいそうです。


このような状況の中、同情されるべきタクシードライバーの上前を撥ねようとする強盗などの怪しからん輩が跋扈するこんにちです。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)暮らし

2009年02月16日

お笑い界の現状

ムートンパッド大家(おおや)の旦那が、酒・茶菓子を用意し、無理やり店子に下手な義太夫を聴かせる「寝床」という噺があります。


(この噺のオチ(さげ)については、2ちゃんねるにも取上げられていますが。)


この「寝床」の噺を解説した矢野誠一の20年前の著「落語讀本」に、次のくだりがあります。


自分の義太夫が下手だと認識している旦那は、聴衆に対してそれなりの配慮をしてるのであって、決して罪はない。それに比べると、こんにちのテレビに横行している安易な演芸のほうが、ずっと始末に悪いように思われる。


笑いを得ようとする発想の貧しさ、それを発散させる技術のなさ、まことに素人的なのである。


おかしなことに、テレビの芸は「ああ、俺でもできそうだな」といった感じを与えるもののほうが受けるらしくて、そうした素人芸が大手を振ってまかり通るというより、「素人っぽくないと売れない」と考えたほうが当たっているらしい。



これって、今のお笑いもまさにおんなじこと言われてますよね。

進歩ゼロなんですかね。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)お笑い

2009年02月15日

エベレストも騒がしい

三浦雄一郎・シェルチャン08年5月、75歳でエベレスト登頂に成功した三浦雄一郎が、最高齢登頂者としてギネスに認定された旨、三浦の事務所が発表したそうです。


ネパール人 M・B・シェルチャンが2日前に登頂していたが、記録(年齢を示す?)を証明できる書類などを提出できなかったことから、三浦雄一郎を最高齢と認定したとか。


2人が登頂に成功した当初より、もともと現地人の年齢は正確さを欠き、76歳と称す M・B・シェルチャンに日本人は疑いの目を向けていました。


ここでは野次馬根性で、記録を逃した M・B・シェルチャンが、自己の年齢を証明するすべがないことに、如何に残念がったのか、あるいは記録などどうでもと淡々としていたのかが知りたいところです。



といっていたところに、シェルチャンが異議を申し立てたと、西日本新聞に報じられました。


-西日本新聞2009.2.14-


この争い、いかがなりますか?


ところで、エベレスト初登頂の日本人は、マッキンリー厳冬期単独登頂(世界初)後消息を絶った植村直己(松浦輝男と共に)だったって知ってました?


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 10:10Comments(0)暮らし

2009年02月14日

ブルトレお別れ運転

ブルートレイン


ブルートレイン、富士・はやぶさ最終列車の乗車券が秒速で売り切れるなど、人気は増すばかりのようです。


-西日本新聞-


3/10には、大分から東京まで「富士」に乗車、帰りは新幹線という「さよならツアー」なるものが企画されているとか。


また、廃止後の3/15には「リバイバルツアー」と銘打って、別府から鹿児島まで8時間半かけて日中を走るそうです。


新幹線で東京往復できそうな時間をかけて、九州を縦断するとはどれほど車窓の風景が楽しめることでしょう。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 10:08Comments(0)ニュース

2009年02月13日

門司港レトロ観光列車「潮風号」

潮風号


本ブログ・2月1日にも書きました、門司港レトロ観光列車「潮風号」の車両が、化粧直しも終わって門司区の車庫に収まったそうです。


-西日本新聞2009.2.12-


定員100人のこの2輌の客車は、日本最小クラスのディーゼル機関車に引かれて、4月26日から11月下旬までの土・日・祝日と夏休みなどに運行されるそうです。


南阿蘇鉄道・島原鉄道で観光列車として活躍したもので、今回のレトロ地区にあわせるべく、内装などもそれに似合ったものに改装されているそうです。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる

  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)観光

2009年02月12日

A.ロッド薬物使用を認める

テレビのA.ロッド


アレックス・ロドリゲスがテレビ出演し、薬物使用を認めたことでさらに波紋は広がっているようです。


-西日本新聞2009.2.11-


インタビューの中でロドリゲスは、薬物使用はレンジャーズ在籍の3年間に限られると語ったということですが、レンジャーズ・オーナーは「・・それ以前に始めていなかったと、どうして信じなければならないのか」と疑問を呈した、ともあります。


大型契約で大金をはたいたオーナーとしては、当然の憤りでしょう。


さらに、ロドリゲスは否定していますが、これまた大型契約で移籍したヤンキースで2004年以降現在に至るまでにも使用してないことには、何の証明もないのではないでしょうか。



微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)スポーツ

2009年02月11日

シェーンは何処から来たのか -2-

格安DVDが市場を賑わしている西部劇ですが「シェーン」はなかなか陽の目を見ません。


著作権1953年問題に決着が付いて、格安DVDも何社かから発売され、amazonにもオンされているのに、上記セット物の中には入ってこないのが不思議なところです。


シェーンといえば、死亡説とともによく言われるのに、冒頭、ジョーイ少年と鹿が登場する場面で、背後をバスが走っているという説があります。


また、これについては 2チャンネルでも幾つもオンされています。


実際にビデオなどで、砂塵を上げて走るバスを確認された方はいらっしゃしますか?


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 18:00Comments(0)西部劇

2009年02月10日

A.ロッドも薬物疑惑?

アレックス・ロドリゲス突然、MLB、ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲスの薬物疑惑が報じられました。


-西日本新聞2009.2.8・9-


特に 2/8 の紙面は、まさかレイアウトが間に合わず苦し紛れに処理したのといわんばかりの三段抜きです。


ただ、5年以上も前の検査の話で、なぜ今突然公にされたのか不思議なところではあります。


これまた Wikipedia には早くもこの件の書き込みが見られ、ここでも「当時は陽性反応を示しても、処罰の対象ではなかった。」と結ばれていますが、それじゃぁその後はどうだったの?と釈然としないのは私だけでしょうか。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)ニュース

2009年02月09日

素魚(しろうお)漁はじまる

元気に泳ぐ素魚


シロウオ漁のやな掛け作業が始まったと、西日本新聞2009.2.8 に報じられていました。


このシロウオ、混同されやすい鮭目(サケもく)の白魚(しらうお)と違ってこちらはハゼ科で、素魚と書きます。


地元福岡の人でも時として間違って発音する人や、どう呼ぶのかあやふやな人も多く、ワープロでもほとんど“しろうお”で“素魚”と変換辞書に入っているのに、漢字標記を知らない人が大多数ではないかと思います。


※web上には公的なサイトも含めて、発音は正しく“しろうお”と標記されていても、間違って漢字に“白魚”と充てているページがたくさん存在します。


河竹黙阿弥の歌舞伎“三人吉三郭初買”でお嬢吉三の言う名科白「月も朧に白魚の篝も霞む春の宵、・・」や、美しい手・指の比喩「白魚のような、」はもちろん、白魚(成魚の体長約10cm)のほうで、5cmほどの素魚では例えようがありません。


“素魚の踊り食い”、かなり有名になったため、博多の人はしょっちゅう食していると思っている他県人も多いかと思いますが、地元でもそうそう口にしているわけではない贅沢品でもあります。


よく言われるのは踊り食いで、生きたシロウオを酢醤油に入れると苦しんで身を捩り、「つ」「く」「し」の形になると。


微笑みの貴公子:ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん微笑みの貴公子微笑みの貴公子 * ふる・ふる
  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)暮らし