Posted by at

2010年03月22日

春を待つ

団地の桜


となりのURの桜もすっかり満開になりました。


他の樹木もよく手入れされています。


3/10を忘れ去る陽気ですが、時折まだ冷たい風を感じます、早く本物の春になってほしいです。


拡大マーク


  


Posted by 微笑みの貴公子 at 13:58Comments(1)暮らし

2010年03月19日

福岡パルコ

本日開店


今日の福岡、なんといっても福岡パルコ開店が目玉も目玉、これほどまでの騒がれようかと驚くばかりでした。


西日本新聞


「天神に期待と警戒感」という記事中の文句がまさに正鵠を射ていると思いますよ。


拡大マーク

  


Posted by 微笑みの貴公子 at 22:58Comments(0)暮らし

2010年03月17日

福岡パルコ

福岡パルコ・内覧会


永いお別れで、大いなる眠りについていた、旧岩田屋本館がいよいよ19日に目覚め、「福岡パルコ」が開業するはこびとなり、内覧会が行われたそうです。


西日本新聞2010.3.17


この旧岩田屋本館が閉店したのが2004年2月だそうですから、もう丸6年一時期の福岡の一等地に位置しながら“灯の消えた”姿を晒していたことになります。


以後、幾つかの曲折を経、一抹の不安を拭い去って現実に開館するわけですが、景気低迷の折、目論見どおりの集客ができるのかどうか、勝負のスタートとなります。


拡大マーク

  


Posted by 微笑みの貴公子 at 23:12Comments(0)暮らし

2010年03月16日

ハウステンボスの再生はなるのか

チューリップ祭りのハウステンボス


HIS(highest International Standerds)支援による再生がスタートしたハウステンボス。


入場者その他、経営状況に好転の兆しは見えているんでしょうか。


HISの前の支援企業、野村プリンシパル・ファイナンスの再生経営はどのようにして失敗に終ったのか、“残された教訓”として紙上に連載されるようです。


西日本新聞2010.3.16


今回の支援、想定外の出費超となれば即撤退可能な条件付という点は、立場が立場とはいえHTB側としては大変気になるところでしょう。


拡大マーク

  


Posted by 微笑みの貴公子 at 23:09Comments(0)暮らし

2010年03月15日

素魚・白魚

素魚


室見川の素魚(シロウオ)について、「おどり」より「吸い物」にこそ季節の香りがあるという話しです。


西日本新聞2010.3.15


薄田泣菫の随筆「白魚」に書かれている“白魚”が、「シラウオ」なのか「シロウオ」なのか判断がつきかねるとありますが、“白魚”とあるからには「シラウオ」に決まっているでしょう。


だって、シロウオは「素魚」と書くんですから、今のように日本語は乱れてはいず、とくに詩人・随筆家の薄田泣菫であればなおさら、きちんと認識しているはずです。


この記事“風車”の書き手・竹若丸とやらはそんなことも知らないのでしょうか。


素魚は、博多ばかりでなく各地で漁があるそうですが、これは、三重県での素魚漁だそうです。


記事中、「・・・シロウオなら水で生かして運ぶこともできるし、・・・」とありますが、シロウオなら運べて、シラウオならなぜ運べないのかの説明がなされてなく、説得力にも乏しい文章です。


拡大マーク

  


Posted by 微笑みの貴公子 at 22:49Comments(0)暮らし

2010年03月11日

3月の雪

寒波・雪


昨日の寒気はどうやら去ったようで、今日は何とか平年の気温に戻ったようです。


3月の初旬といえば、実は結構博多でも雪をみているようで、ん十年前私が大学受験した年も寒波が来てしまいました。


受験した大学は当時、試験場に使わない教室も、関係者以外のものからの隔離のためか、昼食時には一切立ち入ることができなくなっていました。


さらに校内には食堂などもなく(実際はあったのかもしれませんが、現在のような規模のものではなく、一堂に会した受験生が同時に利用できるようなものではなかったのかもしれません)、今では考えられないことですが、教室外の野天で各自持参の弁当を食べる慣わし?となっていました。


ところがその年は、今年のような戻り寒気で、雪が降り出しました。


雪のふりかけご飯を食べるのも憚られ、当時の交通機関・路面電車で2駅離れた、当時からだが弱く、よく通っていた医院の存在を思い出し、そこの待合室で弁当を使わせてもらったことを思い出してしまいました。


拡大マーク

  


Posted by 微笑みの貴公子 at 22:37Comments(0)暮らし

2010年03月10日

冬へ逆戻り

寒い


西日本新聞2010.3.10夕



私も今日は天神に用事があり、ちょうどこの辺りを10時40分頃と、11時40分頃に往復しましたが、幸いこの写真ほどの雪には遭わず助かりました。


でも、風も強く何しろ寒いので、早く地下街の入り口にたどり着きたい思いでした。


曲水の宴

西日本新聞2010.3.8


これは先の7日に行われた「曲水の宴」の模様ですが、伝える記事中には「肌寒い曇り空のもと」とあり、優雅に和歌を読むのは大変だなと思ったばかりでしたが、それでも今日のような天気でなかったのは僥倖だったのかもしれません。


拡大マーク

  


Posted by 微笑みの貴公子 at 19:30Comments(1)暮らし

2010年03月08日

高層マンション

巨大な漁礁


回遊魚を集めて住み着かせるための“漁礁”だそうです。


西日本新聞2010.3.6


鉄骨で組みあがった巨大なオブジェ、手前の人物・車がなければスケール感が分かりません。


工場・基地などのプラントそのものですが、魚ってこんなところに集まってくるんですね、知りませんでした。


拡大マーク

  


Posted by 微笑みの貴公子 at 13:19Comments(0)暮らし

2010年03月05日

小倉・旦過市場

小倉・旦過市場


博多屋台にも較べられ、北九州・小倉で全国的にも有名な旦過市場の再開発計画が、取り沙汰されているようです。


西日本新聞2010.3.4


紙上の写真を見ますと、先日火災を起こし、その裏側の顔がクローズアップされた博多・川端商店街の旧来の木造家屋と較べても、さらに“戦後のバラック”に近い裏の顔を見せています。


表の顔は上の写真のとおり人通りも多く、賑わっているのでしょう。


「小倉の台所」といわれる食の街ですから、やや趣は違うでしょうが、博多・屋台に似て、「安全」と「文化」の位置づけが論議を呼ぶところでもあるでしょう。


市場で商売をしている人にしてみれば、現在の形態で恙なく暮らしていけてるところを、新たな投資をして商店が綺麗になったところで、見合った売上増が見込めるわけもなし、借入金返済のための値上げもやむなく、かえって客離れ・売上減を招く懸念が捨てきれないことでしょう。


極端にいうと博多・屋台と同様、小奇麗さの対局、“雑多”な魅力が捨てがたいところという点もあるでしょう。


でも一方では、家屋が河川を占拠しており、水害対策の遅れなどによる被害も出ているようで、このまま手をこまねいているわけにもいかない事態となっているようです。


拡大マーク

  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:04Comments(0)暮らし

2010年03月04日

動物注意の看板

アカキツネ


高速道路に入り込んだキツネを避けようとして事故を起こし、後続の車に追突されて死亡した被害者の両親が日本道路公団(現・東日本高速道路)の管理責任を問い、損害賠償を求めた裁判で、最高裁はその責任を否定したそうです。


一審・地裁では管理責任なし、二審・高裁は責任ありの判決だったそうで、原告の逆転敗訴となりました。


西日本新聞2010.3.3


二審の判決によりますと、「01年にキツネがはねられ死ぬケースは死亡事故時点(01年10月8日)で46件報告され、頻繁に出没すること自体、安全性を欠いている」ということだったそうで、なるほど月に4・5件、つまり週1件程度起こっている計算であり、これはちょっと尋常ではないとも思われます。


かといって、キツネの侵入防止策には多大な費用が掛かることでしょうし、現実問題として「注意看板」頼りにならざるをえない事情も判る気がします。


キツネ程度の小動物であれば、可哀相ですが、車の凹みなどの被害には眼をつぶって急ハンドル操作などはしないことを心がけねばいけませんね。


それにしても、後続車の運転手は2,600万円の賠償命令が確定しているということで、第二の被害者だともいえます。


目の前でパニクった想定外の行動をされたがために、とんだ災難です。


車間距離云々など、事故の後には必ずしたり顔に言い立てられる言葉ですが、このような事故の場合十分な車間距離をとっていても、なすすべがないことは十分に考えられますから。


拡大マーク

  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:00Comments(0)暮らし

2010年03月03日

復旧が急がれます

川端商店街の朝火事


復旧の様子が連日紙上に報じられています、博多・川端商店街の朝火事。


出火原因についてはまだ特定されていないようですが、人的被害のなかったのが不幸中の幸いというところでしょうか。


西日本新聞20103.1夕

西日本新聞20103.2


アーケードから眺める商店街の店構えは、新天町のそれと大きな違いがありませんが、建物そのものから一体化されたそれとは違い、表側だけ化粧された顔を見せる古い木造家屋の造りだったことが、この裏側からの現場写真でよく分かります。


Google map による出火前の町並みです。


拡大マーク  


Posted by 微笑みの貴公子 at 13:32Comments(0)暮らし

2010年02月25日

よりかかるな! 危険!!

外れたガードパイプ


安心して体を預けることもあり、身を守ってくれるはずのガードパイプが思いがけなく外れて、びっくりしたでは済まない事故の報告です。


西日本新聞2010.2.23


それにしても、転落した高さがせいぜい身の丈、1.75メートルとありますから、よほど打ち所が悪かったんでしょう。


足を踏み外した形の転落ではなかったので、信頼を裏切られた驚きの中でコンクリート護岸へ頭から激突していったんでしょう、「首の骨などを折り・・・」とあります。


それも、事故が12/13で、死亡が12/29とありますから、きっと意識不明の重態のまま2週間あまりを過ごした後、亡くなったのではないかと思われます。


新しい年を迎える餅つきの途中にこのような事故に遭い、そして新年を迎えることなく直前に亡くなったわけです。


水平に渡されたガードパイプを支柱に固定しているピンがなくなっていたため、パイプが横にずれ、支柱から外れたもののようです。


さらに、この事故の起きた熊本市では、別に62ヶ所もでこのピンが抜かれていたことが分かったそうです。


(補修や撤去の際の作業のため、と思いますが)ピンを抜くには、支柱上部の蓋を取らねばならず、この蓋は鋲止めされていたとあります。


このことは、「ピンがなくなっている」という事故が人為的なものであることを示していると思います。


これほどの事故を想定してやったことかどうかは分かりませんが、どういう気持ちでこのようなイタズラ?をするんでしょう。


拡大マーク


冬虫夏草肌悩みカウンセラー*ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けんティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*贈答用サイトティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*女性専科冬虫夏草    肌悩みカウンセラー   贈答用サイト      女性専科  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:03Comments(0)暮らし

2010年02月24日

買物帰りはピッカピカ

ショッピングと洗車


買い物中に洗車をしてもらう、というのはグッドアイディアかもしれませんね。


西日本新聞2010.2.23夕


そういえば私の車もしばらく洗車はしてなく、少し前の天候不順・雨天の繰り返しで、汚れが浮かび上がったままです。


自宅に床が土間の駐車・洗車スペースがあるとはいうものの、寒い時期の自前の洗車はさすがにこたえますものね。


JAFの出動みたいにショッピングモールなどへの出前サービス、スキマ産業ですが、記事によるとアメリカでも実際に行われているということも初めて知りました。


営業廻りなどの男性に訊くと、「女は買い物に時間が掛かるからなぁ」という声が聞こえてきそうですが。


拡大マーク


冬虫夏草肌悩みカウンセラー*ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けんティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*贈答用サイトティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*女性専科冬虫夏草    肌悩みカウンセラー   贈答用サイト      女性専科  


Posted by 微笑みの貴公子 at 15:30Comments(2)暮らし

2010年02月22日

商標登録

森伊蔵


イミテーション天国、中国でまたまた怪しげな商標登録申請のニュースです。


西日本新聞2010.2.20夕


テーマパーク、キャラクターグッズなどなど何でもありの中国で、人気・品薄焼酎ブランドがターゲットにされたようです。


中国、いよいよ訳分からない国だなと記事を読んでみますと、なんと、中国向けの非難は筋違いであることが分かり、矛先の向きを変えなければならないのかもしれません。


というのも、この商標登録、申請者が福岡県・大牟田市の有限会社だそうで、どうも仕掛け人は日本人かも分かりません。


先に、板垣退助だったかの、これまたあやふやですが、日本酒の商標登録申請が日本で認められなかったという記憶があります。


このあたりから、日本での許可は無理との判断から国内での申請を諦めた?。


そこで、袖の下効果絶大、規制ユルユル感の中国に目をつけ、イミテーションの逆輸入でも企てていたんでしょうか。


それにしても申請時期は2007年11月とか。


登録申請に対する許可・不許可判断でこんな長い時間を要するんでしょうか。


それと記事最後に、「・・・無断で登録申請され問題になったことがある」とありますが、登録申請って申請前誰かにことわってしなければならないものなんでしょうか。


※この新聞記事、文の途中に変な“囲み”が挿入されていますが、どうして文を割らずにレイアウトできないんでしょうか。


拡大マーク


冬虫夏草肌悩みカウンセラー*ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けんティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*贈答用サイトティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*女性専科冬虫夏草    肌悩みカウンセラー   贈答用サイト      女性専科  
タグ :商標登録


Posted by 微笑みの貴公子 at 11:13Comments(0)暮らし

2010年02月18日

世の中実に世知辛いです

水田・給水蛇口


「盗人にも三分の理」もなにもあったものではない、困った盗難が出てきたものです。


西日本新聞2010.2.18


昨年の9/9に同じタイトルで、“連結送水管(siamese connection)・蓋”の盗難について書きましたが、今回は水田への給水を行う“蛇口”の盗難が起きているそうです。


“連結送水管・蓋”のほうは記事によりますと、1個は500グラムで、銅の時価に直すと100円とあり、そんな安価なものを盗んで間尺に合うのか今もって不思議です。


今回の“給水蛇口”は真鍮製で1個1万円とありますから、盗品1個につき100倍の価値があるわけで割のいい代物ということでしょうか。


もっとも、これが真鍮地金としての値段か、製品としてのそれなのかは知識のない私としては判断できません。


仮に製品としての価格が1万円としても、正規のルートを通っていない盗品がそのままの形で、通常の取引ができるのかどうか私には判断できない世界ですが。


これらより前から、電線・ケーブルなどの盗難は色々報じられていましたから、確たる闇ルートが存在するんでしょうね。


街中にある送水管蓋でさえ盗まれるんですから、人気の少ない水田の給水蛇口、盗難予防の監視といっても大変そうです。


拡大マーク


冬虫夏草肌悩みカウンセラー*ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けんティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*贈答用サイトティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*女性専科冬虫夏草    肌悩みカウンセラー   贈答用サイト      女性専科  


Posted by 微笑みの貴公子 at 10:00Comments(0)暮らし

2010年02月13日

地下鉄七隈線延伸

福岡地下鉄七隈線延伸計画案


(このルート図、何度見たことでしょう)


福岡地下鉄・七隈線の延伸については以前から4ルート、案が出されていましたが、新案として最後に提示された“キャナルルート”が正式採用されたようです。


西日本新聞2010.2.12夕


紙面にもあるとおり、450億円という初期投資事業費が頭の痛いところでしょう。


もともと利用者数が当初予測の半分にしか達していない、スタートから躓いている七隈線のことだけに、延伸で予測されている採算ベースにも唾を眉に付けなければならないという思いが残ります。


ところで、記事中にもあります“山積”、正しい読みは「さんせき」で、決して「やまづみ」ではないはずなんですが、近頃では辞書にもその読みも書かれてあり、そう読まれ、アナウンスされるのを耳にすることもあります。


“一段落(いちだんらく)”を「ひとだんらく」、“大舞台(おおぶたい)”を「だいぶたい」もちょくちょく聞くようですね。


拡大マーク


冬虫夏草肌悩みカウンセラー*ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けんティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*贈答用サイトティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*女性専科冬虫夏草    肌悩みカウンセラー   贈答用サイト      女性専科  


Posted by 微笑みの貴公子 at 10:04Comments(0)暮らし

2010年02月11日

もう梅雨?

濃霧に煙る博多


昨日は京都まで新幹線で出かけました。


暖かいなとは思いながら、ゆっくりと周りに気を配る時間の余裕もなくあわただしく列車に飛び込みましたので、博多の町がこのような濃霧につつまれていたとは、帰福して夕刊で知りました。


少しだけ迷った飛行機・新幹線、やはり新幹線にしておいてよかったと今になっても思っています。


それでなくとも飛行機は怖がりの私のこと、離陸前の機上からこの視界のなさを目の当たりにしてはさぞ恐怖心を募らせたことだろうと、想像するだけでぞっとします。


拡大マーク


冬虫夏草肌悩みカウンセラー*ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けんティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*贈答用サイトティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*女性専科冬虫夏草    肌悩みカウンセラー   贈答用サイト      女性専科  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:09Comments(0)暮らし

2010年02月10日

高速道路無料化?

社会実験で無料化される九州の路線


皆がこれほど嫌だ嫌だと言っている「高速道路無料化」について、政府は社会実験として試行する九州の路線をこのように決定したと発表されていました。


西日本新聞2010.2.3


関連地区の皆さんには失礼ながら、こんな箇所のみのデータで社会実験といえるのかどうか、甚だ疑問だと思えるような区間のみの設定で、随分と腰の引けた決定です。


公約の辻褄あわせで、おっかなびっくり渋滞の出そうな箇所を思いっきり省いた、“逃げ”の路線決定としかいえませんね。


拡大マーク


冬虫夏草肌悩みカウンセラー*ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けんティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*贈答用サイトティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*女性専科冬虫夏草    肌悩みカウンセラー   贈答用サイト      女性専科  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:02Comments(0)暮らし

2010年02月06日

中洲の、帰りは怖い?

中洲のタクシー渋滞


今年の新年当初、博多・中洲周辺での客待ちタクシーによる交通渋滞解消のため、パチンコ店の駐車場活用案が載っていました。


西日本新聞2010.1.4


その、タクシーの待機場所にパチンコ店の駐車場を利用する“社会実験”が2/3から2/23間で行われているそうです。


西日本新聞2010.2.5


酔客帰宅時の中洲は、昼食時の食堂と同じように、一時に客の需要が増えるわけで評判店に並ぶ人の列よろしく道路に並んでいたタクシーにも、いくらかの効果は見られているようです。


ただ、待機場所利用は22時からと書いてありますが、パチンコ店ってもう閉まるか客が少なくなるかするんでしょうか?


それともそのパチンコ店の駐車場はそれほど駐車台数に余裕があるんでしょうか、都心というのに。


拡大マーク


冬虫夏草肌悩みカウンセラー*ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けんティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*贈答用サイトティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*女性専科冬虫夏草    肌悩みカウンセラー   贈答用サイト      女性専科  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:32Comments(0)暮らし

2010年02月04日

歩き煙草は禁じるべきか、について

ピース・ラッキーストライク


人種が変われば考え方も違ってくるというのは当然のことでしょうが、まだ台湾では本気で歩行中の喫煙を禁止できないと思っているようです。


西日本新聞2010.2.1


そして、梁玉芳記者とやらが個人的考え方として、「歩きながらの飲食(喫煙も飲食の一種だというのでしょう)」を法律で禁じるのはより多くの人の自由を侵害することになる、というのです。


人権の専門家の言として、「発生しそうな」行為ではなく「すでに発生した」不当行為を処罰することが、法律の基本的概念だとも書かれています。


歩行喫煙は、幼児を主とする火傷等、ポイ捨て等の被害防止のために歩行中の喫煙を禁じようとするものですが、「発生しそうな行為」を禁ずるといえば、飲酒運転の禁止だって、「発生しそうな」行為を禁じているわけで、これも人の自由を侵害することになるというんでしょうか。


日本でも世田谷区で歩行禁煙が実施された際、筒井康隆が、噂の真相2002年12月号“狂犬樓の逆襲”で批判を述べていましたが、時代に逆行するこのての論評は、筒井康隆であればこそ一目置かれるだけのものだと思います。


それも、その日から7年も経った今となっては、まさに“狂犬さ”ももはや相手にされないところまで来ているんじゃないでしょうか。


拡大マーク


冬虫夏草肌悩みカウンセラー*ティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けんティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*贈答用サイトティーツリーオイル・ナットーエキス配合洗顔石けん*女性専科冬虫夏草    肌悩みカウンセラー   贈答用サイト      女性専科  


Posted by 微笑みの貴公子 at 09:02Comments(0)暮らし